LINEで送る

PHP読者の声A
PHP2016年3月号の特集は、「人生は必ず好転する 逃げずに、前へ前へ!」だ。そのなかでも、私が「なるほどな」と思ったのが、作家で写真家の有川真由美さんの記事だった。「一度きりの人生、やりたいことに挑戦しよう」というのは、よく聞く言葉だが、本当にそのとおりだと思う。人生は一度きりしかないのだから、後ろ向きな考えをもつより前向きな考えに変換するほうが楽しいに決まっている。ただ、それが頭では分かっているが、なかなか気持ちがついていかず、過ぎたことをうじうじ悩んでしまうのが私だ。自分の気持ちをコントロールするほど難しいことはないと思っている。
また、有川さんは、最高の未来を想像することを文中でお勧めされている。「せっかくなら、最高の未来、最高の自分を選んだほうが、人生は断然、おもしろい」と。これは、私は仕事では実践している自信があった。うじうじ悩んでしまう性格はプライベートのときに発揮され、仕事で何か新しいことをする際には、その未来に対しては最高のイメージを常にもてている(自分でも不思議)。「なんとかなるし、失敗しても、今度はやり方を変えて再チャレンジすれば良い」という考えで、やってみないと分からない精神が強いのだ。それが良いか悪いかは別として、やはり一度きりの人生、もっといろんなことにチャレンジしたいと改めて思うことができた。
PHPは、いつも私に気付きを与えてくれる。今後もPHPにお世話になります。

LINEで送る