LINEで送る

PHP読者の声B
『PHP』 2017年4月号

P30『「ええ感じ」は努力次第で手に入る』を読んで

「感じのよさ」とは、天性のものではなく、日々の、小さな心がけの積み重ねだと芸能リポーターの中西正男さんはいいます。中西さんは数々の芸能人を見てきて、面白いかどうかも大事だが最終的には「感じのよさ」に勝るものはないといっています。
中西さんがイメージする感じのよい人とは、「いつ」「誰に」でも丁寧に、朗らかにいられる人だといいます。一時的にではなく、ずっとやり続けられる人のことです。これは簡単なことではありません。私もそうでありたいと思っていますが、どうしても体調や気分によって続けていくことができない時があります。
中西さんは、感じのいい人ほど自分に厳しい、あるいは自分を律することができる人だと話しています。つまり、努力をして身につけたことだと思います。私もこうしたことを意識しつつ、日頃から一つ一つ徹底していき、習慣的に行えるようにしていきたいと思いました。

株式会社 療食サービス
高崎支店 T・S

LINEで送る