LINEで送る

奈良PHP友の会(会長・檜垣 淑)は今年9月末に発足したばかりの古都PHPすなお女子会(会長・藤原かづ子)と12月19日(土)奈良市内で合同例会を開催しました。例会は午前の部が12名参加の歴史散策、午後は16名参加での賑やかな年忘れ会となりました。

一行は午前10時近鉄奈良駅前に集合、奈良交通の路線バスで先ず春日大社へ向かい、薄日さす冬日の朝の静かな境内に降り立ちました。最初に来年6月4日(土)開催予定の心の講演会会場となる「感謝・共生の館」の場所を確認の後、祈祷所の前を通り釣り灯篭の並ぶ回廊に沿って本殿前に出ました。春日大社では現在20年に一度の式年造替の真っ最中で、4柱ある御祭神は仮殿に祀られ本殿4棟は改修工事中の為、拝殿前から遥拝し南門前で記念撮影の後鬱蒼とした木立の禰宜の道を抜けて奈良市写真美術館に向かいました。

散策009

落ち着いたたたずまいの高畑界隈にある入江泰吉記念奈良市写真美術館は、昭和の写真家入江泰吉氏が大和路を歩いて撮った数々の風景、仏像、伝統行事などの写真を一堂に展示したところで、一行は今から50年前の懐かしい昭和時代の傑出した写真の数々を堪能しました。次に訪れた八木酒造では清酒造りの工場見学としばしの間清酒の利酒で談笑の後、近鉄奈良駅前の年忘れ会場へ向かいました。

散策014散策018

年忘れ会では先ず檜垣会長の挨拶、全員での乾杯の後、地元奈良の季節の旬の食材を使った料理に舌鼓を打ちながら、参加者全員が順に自己紹介と近況報告を行い、お互いの労をねぎらいつつ来年への更なる結束を誓い合って楽しい宴はお開きとなりました。     文責:後藤 昌弘

宴会022

019

LINEで送る