LINEで送る

2月21日(日)、「秋田PHP友の会」発足から一年が過ぎ、初めての移動例会を開催しました。前日から東北は風雪が強くなり嵐になる予報でしたが、仙台から高速バスで約3時間で雪の祭典、かまくらで有名な横手市に着きました。地元で長くPHPの法人会員としてお世話になっている、よこて発酵文化研究所の所長と協同組合横手卸センターの相談役をされている、多賀糸敏雄様の会社のサロンをお借りし、例会を開催。地元横手と湯沢から多賀糸さんのお声掛けで3名の方がゲストとして参加いただきました。

333333744

会長挨拶の後、信条唱和から会はスタート。次に多賀糸さんより、PHPとの出会いやPHPを通じて松下幸之助さんから学んだ経営哲学のお話など、さまざまなお話をいただきました。座右の銘は「素直な心・素直な判断・素直な決断 」であり、素直とは、「何物にもとらわれない心、物事の真実をみようとする心」。素直であることによって、あらゆる物事に関して適時適切な判断のもとに力強い歩みができる、つまり、「強く正しく聡明になる」と熱く語っていただきました。 やはり会社経営するにあたって松下哲学で学んだことを実践してこそ成果が出る、と聴いて全員が納得し、これからもPHP友の会を通じて素直になる心を学んでいきたいと誓いました。
また、参加された方の自己紹介も行い、介護のお仕事をされている方からは、介護に関わる日々のご苦労と介護をする方の待遇の改善と人員の確保の話、またある方からは、PHP研究所で編集者募集に応募されて一年半ある雑誌の編集者をしていた、との驚きの話まで、大いに盛り上がりました。

1111744

PHPを通して、ご縁で集まった仲間なので、上下関係、利害関係もなく話をすることができました。すべて友の会のご縁だからできることです。13時~16時までの時間があっという間に過ぎ、たいへん有意義な例会となりました。
これからも「秋田PHP友の会」が楽しく、安定した活動が出来ることを願って、雪国の横手を後にして仙台に帰りました。皆さん大変お世話になりました。また再会出来ますように。ありがとうございました。

(文:東北エリア本部副本部長   吉村松二)

2222224130744

LINEで送る