LINEで送る

奈良PHP友の会では4月16日(土)午後、奈良市ボランティアインフォメーションセンター会議室で、平成28年度総会と記念講演会を開催しました。総会には11名が出席し、 南田氏の司会進行のもと、私たちの信条・五つのちかいの唱和の後、瞑想に代えて、この度熊本地方を襲った大震災の犠牲者に参加者全員で一分間の黙祷を捧げました。引続き、檜垣会長挨拶の後、総会に移り、平成27年度活動報告と会計報告及び会計監査報告が行われ、いずれも承認されました。続いて役員改選に移り、4年間会長を務めた檜垣 淑氏に代わり後藤昌弘が新たに会長に就任することが決まりました。また、会計監査には新たに谷村 透氏が選出されました。
 平成28年度の活動計画及び予算案がいずれも承認された後、退任する檜垣会長から挨拶があり、任期中の成果を振り返るとともに、会員各位の支援・協力に対してお礼の言葉がありました。また新会長の後藤より、会長就任の抱負を述べ各位の協力を要請しました。

 休憩を挟んで記念講演会には13名の参加があり、全国PHP友の会特任顧問で小笠原流礼法師範の山本知恵美氏を講師にお招きして「素直な心と日本人の礼儀作法」と題するお話と共に挨拶の仕方及び和食のマナーについて実演を交えてご指導頂きました。
講師の山本氏は講演の中で、素直な心とは真心を込めて相手を敬い感謝する心、自然に対して畏敬の念を持ち、自らは謙虚になる心であることを強調され、この心を形で表すのが礼法であると説明されました。また作法に於いては言葉と行動と服装が大切であることも強調されました。お話に続き、小笠原流礼法に基づく挨拶の仕方、和食の食事作法として箸や椀の扱い方を参加者全員が実地に学び、併せて食事の心得についても教わりました。参加者全員が真剣な中にも笑いがこぼれる和やかな雰囲気の中で講演会はお開きとなりました。
                      文責: 後藤 昌弘
記念講演(1)
記念講演(3)
記念講演(2)
記念講演(4)

LINEで送る