LINEで送る

友の会・例会のご報告
7月16日(日)午後1時より、明石PHP読書会「こころ」の例会が明石勤労会館にて行われました。

出席者は4名。下記意見をご紹介いたします。

①近況報告
*子育て支援をしているが子供たちから反対に生きる力をいただける。
*16年ぶりにお会いした人だが、先週別れた人のようにお話ができた。 16年ブランクが見えないのはどうしてだろう。掃除をすると人間が変わり、謙虚になる。
*仮農園をやっているが生き物をいただくということのありがたさを知ることができている。 人の価値とは学問をする人間だけではない。 体験のないものに人の心はわからない。

②月刊誌を読んで
*五木博之氏の言葉の中で「生きているだけで褒めてあげたい」との言葉が印象的。年を取るということは決して損なことばかりでもなく、新たな境地に入れることは最高の幸せでもある。
*読み切り小説の中で内容がフィクションとはいうものの、あまりにもきれいすぎる。 現実は家庭崩壊が多いのでは。
*五木氏の文章の中で自分なりの人生を生きればよいとの話が楽になった。気の合わない人と無理に気を使って関係を持つことよりも、たとえ人で不足になり仕事が大変になったとしても、気楽に過ごしたい。
*方言を使う子供の学校におけるいじめについて。担任の先生の扱い次第でその子の将来は変わる。学校の先生の立場は重要である。

次回は8月20日。アスピア7階にて。

興味のある方は、下記までご連絡ください。

【基本情報】
・設立日 2017年2月1日
・例会日 毎月第3日曜日13:00~
・例会場所 明石アスピア7階
・テーマ 『PHP』誌、読書
・参加条件 どなたでも  参加費500円

【連絡先】豊田 090ー8657ー2066

LINEで送る