LINEで送る

奈良まほろばPHP友の会では、文化の日を含む三連休の中日である11月4日(土)午後、奈良県明日香村で第1回明日香歴史ウオークを開催しました。奈良県内のほか京都、大阪、兵庫、三重の各府県からの参加者を含め総勢17名で、一行は午後1時過ぎ近鉄吉野線飛鳥駅に集合し、檜垣会長の挨拶と全員での自己紹介の後出発しました。コースは猿石→鬼の雪隠・鬼の俎板→天武・持統天皇陵→亀石→橘寺→石舞台古墳までの約4kmの行程です。

resize6101

 

明日香村は奈良県の中央部付近に位置し、現在の人口は約5,500人の村ですが、中央集権律令国家誕生の地であることから飛鳥時代の宮殿や史跡が多く発掘されていることで知られ、いわば「日本の心の故郷」と呼ばれているところです。村内には多くの観光コースが設定され遊歩道も整備されていますが、第1回の歴史ウオークとして選んだコースのハイライトは、聖徳太子誕生の地として知られる橘寺と蘇我馬子の墓と言い伝えられている石舞台古墳です。

明日香005

明日香008

DSCF1345

秋空とはいえ雲の多い一日で途中橘寺付近では時雨に逢いましたが、石舞台古墳に着く頃には雲間から秋の夕日が射していました。帰路は夕闇迫る飛鳥路を路線バスで近鉄橿原神宮前駅まで戻り、解散となりました。活動拠点を橿原市八木町に置く奈良まほろばPHP友の会では、地の利を生かし今後も毎年1回明日香歴ウオークを実施する予定ですので、また新たな発見にご期待下さい。 文責:後藤 昌弘

DSCF1348

 

 

 

LINEで送る