LINEで送る

秋も深まる11月19日(日)、奈良PHP友の会として9回目となる「観光クリーン行」を大和郡山市内で開催しました。
さわやかな秋晴れのもと、古都PHPすなお女子会、奈良まほろばPHP友の会や大阪PHP読書友の会のメンバーも友情参加していただき、総勢10名の参加者となりました。メンバー全員が「奈良観光クリーン行 五つのちかい」を唱和して、スタート地点の近鉄郡山駅を出発しました。
この「奈良観光クリーン行 五つのちかい」は、観光地である奈良でクリーン行を実践してみて感じたことを元にして、PHP友の会としてのクリーン行の心得をまとめたものです。ご参考までに掲載いたします。

「奈良観光クリーン行 五つのちかい」
一、無理をせず、自分の安全と周囲の人の安全に、十分注意しましょう
一、すれ違う人には、こちらから笑顔で明るく挨拶しましょう
一、道順を聞かれたら、親切に教えましょう
一、道行く人のごみも、進んで受け取りましょう
一、進んで『PHP』のPRをしましょう

1.出発前

大和郡山市は金魚の街として全国的に有名です。クリーン行のルートに選んだ矢田筋・柳町商店街では、ところどころに金魚の水槽が置いてあり、自動販売機や電車の改札の機械にまで金魚を泳がせて、道行く人の目を楽しませてくれます。

2-1.クリーン行その1r

2-2.金魚の水槽

クリーン行の終点は、今年3月に復元工事が完成した郡山城址の天守台です。観光クリーン行のハイライトとして、地元の観光ボランティアガイドの方から、お城にまつわる詳しいお話を聞くことができました。
解体工事や発掘調査を通じて分かったこととして、石垣の石が足りなくて墓石やお地蔵さんなどの石も使われていることや、地下から天守に入る抜け道が発見されたことなど、興味深い歴史の裏話を聞くことができました。
天守台の展望台では、にわかに雲が広がって寒風が吹きましたが、若草山、東大寺、薬師寺まで、広大な奈良の盆地を見渡すことのできる素晴らしい眺望を楽しみました。

3-1.観光ガイドその1

3-2.天守台

3-3.天守台の下

クリーン行修了後、午後から近くの公共施設「三の丸会館」の会議室でオープン例会を行いました。松下幸之助さんの著書「道をひらく」を題材として、PHP友の会の「五つのちかい」の精神が盛り込まれた文章を抜粋し、それぞれ輪読して感想を述べあいました。朝から午後4時まで、観光、社会貢献、学びの要素がぎっしり詰まった、有意義な1日となりました。  (文責:示野哲男)

4-1.オープン例会r

4-2.集合写真r

LINEで送る