LINEで送る

IMG_0470
2016年11月20日(日)、千葉県地区では千葉市の稲毛海浜公園で、初めてクリーン活動を行いました。当日は10時30分に、JR稲毛駅からバスで約10分の「花の美術館前」バス停に集合し、ゴミ拾いを始めました。
まずバス道路に沿ってバス終点まで進んだのちに、海岸に出て砂浜を歩き、空き缶やペットボトル等を探して拾い集めました。当日は心配していた天候もすっかり回復し、気温も20度まで上がる小春日和で、ビーチバレーをしている人や波打ち際で遊んでいる家族連れもいました。次に防波堤の内側に移って公園に入り、網目のようにめぐらされた遊歩道を歩きながら、周りの植え込みの中などに投げ棄てられたごみを拾って歩きました。公園の中には大きな池もあり、オナガガモなどの季節の水鳥も浮かんでいて、人が通ると近寄ってきました。
池の周りを通り、林の中を抜け、芝生の広場に出て、全員で写真を撮りました。当日は何かイベントをやっていたらしく、コスチューム・プレイを楽しむ若者や、芝生でバドミントンに興ずる家族ずれなども見られました。拾い集めたペットボトル、空き缶や包装ごみ、たばこの吸い殻、紙くずなどを、公園内の分別ごみ入れに移してクリーン活動は一段落しました。
その後で木陰のある芝生の上に、大きなシートを広げて腰を下ろし、めいめい持参の昼食をとり、しばらく歓談・交流を楽しんで13時ごろに解散しました。初めてのクリーン活動にどんなものか関心を持って参加された方もありましたが、参加者は7名(ゲスト1名)にとどまりました。この経験を今後に生かしたいと思います。
なお、公園内にある山陽メディアミュージアム(通称「花の美術館」)は、今年は開館20周年記念として、毎月20日は無料開放していたため、希望者は観覧して楽しみました。

LINEで送る