LINEで送る

去る12月7日(土)の午後、名古屋国鉄会館にて、名古屋PHP読書友の会の第8回定例会及び第1回年次総会、ならびに忘年会を開催しました。

まずはじめに恒例により、「私たちの信条」「五つのちかい」の唱和をおこない、「立腰と瞑想」をおこなった後、近況報告をおこないました。

つづいて、第1回年次総会がおこなわれ、平成30年度の活動状況報告、会計報告・会計監査報告及び、令和元年度の活動計画(案)、会計予算(案)の報告がなされました。無事に出席者全員の承認(登録メンバー8名のうち、出席者5名で過半数以上の承認)を得ることができました。

その後は、PHP誌の読後感想ということで、11月号の特集テーマ『なぜか嫌われる人、愛される人』について、意見交換を行いました。周りの人に嫌われないようにするにはどうしたらよいか、また、愛される人になるためにはどうしたらよいか、さまざまな意見がでました。

最後に『会員発表』で発表者から、今回のテーマ【人生100年時代を生きるために】として、ボケない脳をつくるために大切なことを「PHPからだスマイル」の1月増刊号の記事を参考にして発表がなされました。目からウロコ!の情報がたくさんありました。

次回の定例会は、令和2年2月22日(土)、午後2時からという、2並びの日時で行われます。従いまして、その時は、出席者の集合写真をせっかくですので2時22分22秒のその瞬間に撮影したいと思っています。

読書友の会 定例会

定例会・年次総会終了後は、場所を近隣の居酒屋さんに移して『第2回、忘年会』を行いました。

定例会ではなかなか話せない身の上話に花が咲きました。また、今年はメンバーの皆さんのなかに大切なご家族を亡くされた方が何人かおみえでした。その方々のお気持ちを察しますと身につまされる思いでいっぱいです。

でも、その悲しい状況から立ち直ろうと前を向いて頑張ってみえるお姿を拝見しますと涙がとまりませんでした。

忘年会では、みなさんで机を囲み、おいしい焼き肉を突っつきながら、おいしいお酒もいただくことができて最高でした。忘れられない時間となりました。

読書友の会 忘年会(文責:名古屋PHP読書友の会 事務局長 岩瀬 昇)

 

LINEで送る