LINEで送る

奈良まほろばPHP友の会では2月23日(日・祝)午後、橿原市八木の八木札の辻交流館2階和室で2月度例会を開催しました。午後1時30分示野氏の司会で例会が始まり、信条唱和と瞑想に続き檜垣会長挨拶の後、先ずPHP思いやり運動寄付金贈呈式を行いました。奈良まほろばPHP友の会が初めて寄付先に推薦した奈良県精神障害者家族会連合会(まほろば会)の三島利子会長を例会会場にお招きして、檜垣会長から寄付金が贈呈された後、三島会長から同会の活動について説明がありました。

DSC04277

DSC04271

奈良県精神障害者家族会連合会(まほろば会)は平成4年3月に設立された特定非営利活動法人で、精神障害者に必要な医療と福祉制度の向上、発展を図るとともに精神障害者の地域での生活の充実と生活基盤を支える就労作りのための事業を行うことによって、精神障害者の社会参加と自立を促すことを目的とした団体で、三島会長は同じ悩みや苦しみを持つ家族が集まって、お互いの悩みや苦しい思いを語り合う大変さについて苦労の一端を話されました。檜垣会長からはこれを機会に今後双方が交流し合う機会を持ちたいとの提案がありました。

DSC04273 (2)

続いて参加者全員によるちょっといい話や近況報告、2020年度の活動計画についての説明の後、休憩を挟んでPHP誌2月号読書会を行い、裏表紙のエッセイ「好きになる力」や特集記事「凹んでも前を向く!」等について感想を述べ合いました。例会の最後は恒例となった使用済み切手切り抜きボランティアを30分程度行い、午後5時前に散会しました。三島会長も例会の最後まで同席して頂き、しばし交流を深めました。 (文責:後藤 昌弘)

DSC04275 (2)

 

 

LINEで送る