LINEで送る

図1
こんにちは!PHP友の会事務局の平山です。
さて、突然ですが皆さんのご自宅に履かなくなったまま眠っている、あるいは「思い入れがあって残しておいたけど、だれかにぜひ履いてほしい」という革靴はありませんか?

今回は、昨年PHPしあわせファクトリー オンライン講座・ボランティアの集いに講師として出演くださった(株)革靴をはいた猫さんより、出店イベントのご案内をいただきましたのでお知らせします。
ぜひとも応援をお願いいたします。
*革靴をはいた猫とは、靴磨き・修理を専門に、障害のあるスタッフが職人として活躍されている京都の企業です。

若者が社会に希望を届ける! 「手放す貢献プロジェクト」 長期出店イベント

このプロジェクトは、多くの方から履かなくなった革靴を寄付いただき、再生した靴を次の持ち主へ届けていく取り組みです。過去2回行なった手放す貢献プロジェクト・イベントを通し、革靴の寄付が約1300足も集まりました。ご寄付いただいた靴は、障害や引きこもり経験など、ハンディのある若者たちが靴磨き職人として自立するための修行に、大切に活用しております。

【前回イベントの様子はこちらからご覧ください】

このたび、手放す貢献プロジェクト・イベント第3弾として、来年2月末までの長期出店を行なうこととなりました。職人の手で見事に再生した靴たちも店頭に並べ、販売しています。コロナが続く社会に希望を届けるべく、若者たちが多くの方に喜んでいただける企画を用意してお待ちしております。
近くにお越しの際には、ぜひお立ち寄りください!!

場所:大丸京都店5F 「ほっとスポット」
期間:2021年8月21日(土)~2022年2月28日(月)
実施内容:靴磨き、靴修理、靴販売、手放す貢献プロジェクト ほか
※靴磨き、靴修理についてはコースに応じ一時お預かりします。
※営業時間は大丸京都店に準じます。
※手放す貢献プロジェクトの詳細はこちら

LINEで送る