LINEで送る

2月号

2月号

関西地区 PHP友の会会員の皆様

関西エリア本部長(世話役) 片岡 明夫

いつもお世話になっております。緊急事態宣言下で、リアルな場での友の会活動が 制限されるなか、皆様いかがお過ごしでしょうか。この状況下でも新たな「学び」「交 流」が得られる場として「紙上例会」の開催を提案致します。

さて「紙上例会」について先行事例は、奈良PHP友の会において昨年3月、月刊誌 PHP「2020年3月号」の読書会「紙上例会」として企画され、広く投稿を募りま したところ、全国から合わせて25件の投稿があり、冊子にまとめて皆さんにお届けし ましたところ、「コロナウイルスの影響で外出ができない中で、紙面上で「学び」「交流」 ができた」ということで大変好評でした。

その後「4月号」「5月号」をテキストとして第2段の「紙上例会」も実施され、大 好評でした。 引き続き、外出して集まることが難しい状況が続いていますので、月刊誌PHPの 「2021年2月号」をテキストとして、関西エリア本部主催の「紙上例会」を開催い たします。 学びと交流の輪を広げて、素直な心のパワーでコロナウイルスなど吹き飛ばしまし ょう!

以下の要領で、ご投稿をよろしくお願いいたします。

1. 投稿内容:
①月刊誌PHP 2021年2月号の感想。400字迄。 何ページの何という文章の感想か、記載お願いします。 (例:P40「生き方考え方」を読んだ感想)
②一人最大2点迄の投稿でお願いします。1点でもOK。 1点あたり400字以内で、2点の場合は合計で800字以内です。
③簡単な(100字程度)自己紹介を記載お願いします。

2. 投稿方法:
メールで提出。フォーマットは問いませんがテキストデータのみ。 メール本文に記載でも、添付ファイルでもOK。 編集の都合上、手書文章等を写真に撮って送るのはご遠慮下さい。

3. 原稿校正:関西エリア本部へご一任お願いします。

4. 投稿者 :関西地区のPHP友の会会員

5. 提出先 :全国PHP友の会関西エリア本部  交流担当 かけひ宛(下部添付資料へ提出先アドレス記載)

6. 提出期限:2月20日(土)必着

7. 感想文集発行:感想文をまとめたものを、3月上旬頃迄に、ご提出先経由で皆さん に配布いたします。

8. 意見交換の場の設定:配布した感想文集について、意見交換、交流の場をオンラインで設定します。

3月13日(土)10:00-11:30 関西オンライン交流読書会

オンライン交流読書会への参加申し込み要領は、感想文集と一緒にお届けします。

以上

添付資料:申し込み要領

紙上例会WEB版案内修正版

〇昨年「紙上例会」の感想事例 P.33~P.36 「今の自分に“タイムリーな言葉”を見つけよう」(晴香葉子氏)

① 言葉には人生を変える力があるというのは事実だと思います。現役時代職場 などで直属の上司や先輩から人生を変える程の言葉を耳にした記憶はないも のの、私は若い頃から著名人の講演会を聞くのが好きで、特にNHKラジオの文 化講演会の録音テープが今も200本近く残っている他、NHKのラジオ深夜便で の「明日へのことば」も心に響く話が多いかと思います。

② 最初に出てきます「言葉には人生を変える力があります」に惹きつけられ ました。人生を振り返ってみて、いろんな時に、いろんな人から、心に残る 大切な言葉をもらってきた自分を思います。今の自分は、これらの言葉の蓄 積の上にあるように時々思ったりします。思い出しますと、それは決して難 しいことや厳しいことではなく、その時の自分にスッと入って、その時の心 がそれを大切に受け止めて、以後の自分の生き方や行動に自然に活かされて いるようなものが多いことが分かります。 晴香さんが、「まだまだ道半ばの私でも、これまでの歩みを振り返ってみ れば、心の助けになった言葉がいくつもみつかります」と述べられていると ころに共感します。

LINEで送る