LINEで送る

PHP読者の声B『PHP』誌 2018年12月号
P33「目の前のことに心を込める」を読んで

筆者は枡野俊明氏でお寺のご住職をされている方です。
人間であれば心が乱れるのは当たり前で、大切なのは心がざわついた時にどう整えていくのかが必要と書かれています。 過剰に情報化が進んでいる現在、余計な情報は耳に入れないそうです。知らなければ、何とも思わなかった事が耳に入る事で、物が欲しくなったりみじめになったり、頭に血が昇ったりするからだそうです。
情報の中でも、最も人の心を乱すのが他人との比較とも触れています。これは人間の性で、隣の芝生は青く見えるということわざどおりです。
では人と比較して心が乱れた時にどうすれば?ですが、自分の足元を見つめて、自分がやるべき事の中で出来る事を徹底的に掘り下げてやってみる。簡単な事でも心を込めて丁寧にこなすとの事。私自身、あらためて日々の生活の中で実践していければ……と強く感じました。

株式会社 療食サービス
高崎支店 K・A

LINEで送る