LINEで送る

PHP読者の声B『PHP』誌 2019年10月号
P24「何が起きても、楽しさに変えよう」を読んで

宇治原史則さんの「何が起きても、楽しさに変えよう」が印象に残りました。宇治原さんは悪いことが起こる人は、「後悔ばかりしている人」そして「人のせいにする」と書いていました。ミスをして後悔し、悩んでいる時間があれば、その時間を次にどうするか前向きに考える時間にした方が良いと。ミスを人のせいにしてしまえば、自分を改善する必要がなくなり、成長のチャンスを逃してしまうのだと。
最後に、「結局、何が起きても、楽しさに変えられる人が「いいこと」が起こるひとなのではないでしょうか」とまとめられていました。私も、ミスやピンチを自分が成長するチャンスとして、成長する楽しさに繋げられるよう精進していきたいと思います。

株式会社 療食サービス
営業部アールエス課 T・T

LINEで送る