LINEで送る

奈良PHP友の会では2月15日(土)午後、奈良市内で2月度例会を開催しました。この例会の主な内容は松下幸之助ビデオ鑑賞、新入会員による5分間スピーチ、そしてPHP誌読書会です。午後1時半、JR奈良駅に近い奈良市ボランティアインフォメーションセンター会議室に参加者9名が集い、檜垣氏の司会で例会が始まりました。信条唱和と立腰瞑想に続き、松下幸之助ビデオ鑑賞に移りました。

DSC04269

使用した教材は昭和51年に松下幸之助氏がNHK総合テレビの「この人と語ろう」という番組に出演され、鈴木健二アナウンサー(当時)の司会で実業家や研究者、文化人、学生など数人と質疑を交わす番組を収録したビデオです。約40分間に及ぶ番組の中で松下幸之助氏の生い立ちや成功体験を中心に話が進められていましたが、特に印象的だったのは幸之助翁が当時81歳にしてなお飽くなき求道心を持ち続けられていた事で、人間としての成功は地位や名誉や財産等で判断すべきものではなく、各自がそれぞれ自分に与えられた天分を生かし切ることが人間としての成功であると述べられていた事です。

DSC04264 (2)

DSC04265

ビデオ鑑賞に続いて最近入会された新西文仁氏による5分間スピーチが行われ、現役時代松下グループの会社で営業を経験されていた当時の様子や、「素直な心」について深く学ぼうとされている真摯な姿勢に一同感銘を受けました。休憩を挟んで行われたPHP誌2月号読書会では、裏表紙のエッセイ「好きになる力」を始め、「この人と語ろう」コーナーの中村梅雀氏の記事などに関心が集まり、活発な意見交換が行われ午後5時前お開きとなりました。 なお、同センターの交流コーナーで行われているパネル展示に、奈良PHP友の会も2月15日から約1か月間、奈良県内3友の会の活動紹介PRポスターを展示しています。 (文責:後藤 昌弘)

DSC04267

 

 

LINEで送る