LINEで送る

181107php-4-500

富山「松下幸之助誕生祭2018’特別公開講演会」が開催された。

ホテルグランテラス富山において11月7日(水)午後3時より富山PHP友の会合同例会も兼ねて、「松下幸之助誕生祭2018’特別公開講演会」が約80名の参加者で開催された。

181107php-5-500

はじめに、道嶋一男全国PHP友の会名誉顧問があいさつし松下幸之助翁の生涯を紹介した。

181107php-2

第1部は「松下幸之助成功と幸せの人生観」と題して川上恒雄PHP研究所松下理念研究部長の講演があり、松下幸之助は「貧困」「病弱」「無学」の逆境から天命を活かして成功した。80~90%は定められた運命で、成功しても有頂天にならず、失敗しても失望落胆しなかった。また人使いは「無駄な人は一人もいない」と考え育てた。天分を見出すには”感謝”と”こわさ”を知ることだと締めくくった。

181107php-9-500

■写真は川上部長

181107php-3

第2部は「インド人噺家が語る日本」と題してマルカス・アサヒトラベルサービス株式会社代表取締役社長の講演があり、ナマステ(こんにちは)のあいさつから始まり、インドと日本は歴史的な交流があり初めてめ日本に訪れたインド人は菩提僊那(ぼだいせんな)が752年に奈良東大寺大仏の開眼式の導師を務めた。また七福神には3人もインド人がおり、仏教はインドから中国経由で日本に伝わったなど、インドと日本の交流を紹介し、言葉も「そとば」「ならく」「おせわ」「般若心経はサンスクリット語を漢字に表したもの」「灯篭流し」「鳥居」などを紹介し、最後に「百聞は一見にしかず」といいぜひインドに行きましょう!と締めくくった。

181107php-10-500

■写真はマルカス社長

午後6時より約50名の参加者で懇親パーティーが開催された。

文責:北陸エリア事務局 植茶泰男

LINEで送る