LINEで送る

php181204-1

 

 

 

 

 

 

 

 

MBC金沢松下幸之助研究会12月例会を開催した。

12月4日(火)近江町交流プラザにおいて午後7時よりMBC金沢松下幸之助研究会22名の参加で開催した。
平田透放送大学石川学習センター特任教授(元金沢大学教授)を迎えて「定年のないユニークな会社経営の話」と題した講演会があり、雇用をめぐる環境の変化、働き改革、などの説明後、対策の鍵は女性と高齢者を労働力としての活用であり、定年のない会社株式会社前川製作所を紹介し、当社は40年も前から本人のやる気があれば何歳でも定年延長ができるという。
当社は社員約4千500人、年商約1千2百億円で海外にも多くの工場を持っており、基幹分野は冷凍冷蔵でありながら、ロボット、バイオ、食品などの分野まで広げて展開している。

php181204-3

 

 

 

 

 

 

 

 

前川製作所の考え方は理想は町工場で企業文化の重視、共同体、主観的な「感覚質」の重視などで、「静」である高齢者の豊富な経験と技術力(30年以上も同じ分野で仕事をしているということは完全な専門家である)「動」としての若者の体力気力が充実し、斬新的な発想ができる。「静」と「動」を組合わせて生かせることが出来ているユニークな会社である。
ヒントとして子育てが終わった女性の活用、やる気のある専門家の高齢者の活用を将来的に考査し、それぞれの会社経営で模索してみてはいかがでしょうか?

php181204-2

 

 

 

 

 

 

 

 

年1回平田教授をお迎えして、専門分野の知識経営論で松下幸之助論や組織経営を学んで、今回で5回目になります。

php181204-5

 

 

 

 

 

 

 

 

その後、メキシコ料理マルガリータで平田教授を囲む懇親会を開催し、高齢者活用の質問など意見交換を行い、有意義な時間を過ごしました。

文責:MBC金沢松下幸之助研究会 植茶泰男

LINEで送る