LINEで送る

IMG_05849月15日(土)、午後、JR千葉駅近くの千葉市民会館会議室で、第5回例会が開催されました。参加者は11名。立腰・瞑想と信条・ちかいの唱和の後、参加者各自の近況報告を含めて『PHP』誌の読後感に関する発言がありました。『PHP』誌につきましては、9月号では「知識より、体験こそが宝」、10月号では「親の心、子知らず」、「いい事が起こる人の三つの特徴」、「経営の基本はぶれないこと」、「妻の幸せ、僕の幸せ」、「直観の95%は正しい」、「空気にあらがう」などの記事についての感想が述べられました。
「親の心、子知らず」の記事につきましては、その筆者水谷もりひとさんが編集長の「みやざき中央新聞」を購読しているという会員もあり、不思議な繋がりを感じました。また近況報告では、バス旅行で一緒になった方をPHP友の会に誘ったところ、8月の「PHPの集いin千葉」と例会にもゲスト参加され、その後PHP友の会に正式に入会されたとの事例を工藤会員から紹介され、出会いの大切さについて考えさせられました。
またそれ以外については、カルチャーラジオNHKアーカイブスで、「声でつづる昭和人物史~松下幸之助」が、最近3回にわたって放送され、その録音もとってあるとの遠藤会長からの発言もありました。橋詰会員(全国副会長)からは、今年の全国大会・帯広大会(9月22日~23日)は北海道地震の直後ではあるが予定通り行われることと、来年は10月19日~20日に東京で開催される予定なので地元の東日本ブロックとして協力をお願いしたいとの発言もありました。また勝亦会員(東関東エリア本部長・千葉県地区長)からは「PHP友の会会員文集2018」に千葉PHP読書友の会関係者も多数寄稿していることの紹介がありました。
最後に『PHP』誌10月号裏表紙「空気にあらがう」を輪読して終わりました。なお次回例会は、10月20日(土)13時30分~16時30分、千葉市民会館にて開催されます。会員以外の方でも、ご関心のある方はお気軽にご参加下さい。

(文責・勝亦 毅)

LINEで送る