LINEで送る

IMG_0703

1月18日(土)、13時30分~16時30分、千葉市民会館会議室において、千葉PHP読書友の会第18回例会を開催し、参加者は新会員1名を含めて16名でした。例会は遠藤会長の司会で始まり、立腰瞑想、信条と誓いの唱和の後に、PHP誌1月号の「あなたへのうた」の朗読があり、次に橋詰会員(全国副会長)から「街で出会った、いい話」と題して、昨年1年間に街で拾った言葉をメモしたものの紹介があり、その中では高齢者に求められる能力(聞く力、体験を語る力)を強調されました。次にNHKラジオ深夜便「明日への言葉」の中の「松下幸之助に学ぶ(2)・素直な心になるためのヒント」(元松下政経塾塾頭・上甲晃氏のインタビュー)の録音を皆で聴き、各人が感想を述べ合いましたが「人間とは何かについてしっかり考えることが最も大切である」「流汗悟道」などの発言や、それに付随して老人ホームの入居者を見て感じたことなども述べられました。一旦休憩の後、1月誕生者4名へのお祝い品の贈呈があり、PHP誌2019年10月号の流行り歌「CAT’EYE」を録音で聞きました。更に当会としてはむしろ贅沢な悩みですが、参加者が増えてきたことによる発言時間の不足への対応も話し合われました。その対応としては砂時計を使って発言時間(3~5分)を制限する、発言の内容は予めまとめておく、参加人数が増えて来たのでそれに応じて例会の内容を工夫する等の意見がありました。その後、参加者各人からPHP誌から学んだことや近況報告が述べられました。その内容は様々であり、今年の抱負に関すること、健康に関すること、長生きに関すること、注目すべき新聞記事コピーの紹介配布などもありました。PHP誌に関しては笑いの効用、松下幸之助心温まるいい話、メモ帳(編集後記)に着目してPHP誌の記事を読むなどのユニークな話や、PHP誌の他に「すなお」誌や「ひがしにほん」誌の記事にも着目すべきであるとの発言もありました。最後にPHP誌1月号の裏表紙を輪読して終わりました。なお次回例会は、2月15日(土)13時30分より、千葉市民会館で開催されますので、ぜひご参加下さい。

(文責・勝亦 毅)

 

 

LINEで送る