LINEで送る

2月2日(土)、JR船橋駅前のFACEビル5Fで行われた「第11回ふなばし市民活動フェア」に、千葉PHPほんとうの時代友の会(以下「ほんとうの時代」=「ほ」)がブース展示の形で出展参加しました。
終日、出展パネルの前で、来訪者に対する説明や資料配布を行いました。フェアは10時45分から船橋市長のご挨拶によってオープニングセレモニーが行われ、11時から一般の来場者を迎え、16時で閉会となりました。
このフェアには船橋市長、船橋市副市長、市議会議員、地元の大物政治家をはじめ、多くの一般市民の来場者があり、船橋市を拠点として活動する千葉PHP「ほ」友の会では、勝亦会員(東関東エリア本部長・千葉県地区長)がフェアの開始から終わりまで立会し、午後からは西川会長も加わり、応援参加として千葉PHP読書友の会工藤会員にも午前中から参加して頂きました。
IMG_0616配布資料としては『PHP』誌28冊(2月号22冊・バックナンバー6冊)、『ひがしにほん』誌新春号29部、PHP友の会案内29部を、PHP友の会及び千葉PHP「ほ」友の会活動について説明しながら配布しました。なお、来場者のうちでは60才台の男性で、参加すべきサークル活動を探す目的で来場した方もおられ、早速、西川会長から会報『菜の花だより』をお送りすることになりました。
なお、このフェアに関連しては、フェア当日を挟んで一定期間、公共スペースで表示パネルのみの展示も行われます。興味のある方はぜひ足をお運びくださいませ。

(文責:勝亦 毅)

LINEで送る