LINEで送る

191121php-1

金沢PHPほんとうの時代友の会15周年大会を開催した。

11月21日(木)午後1時半より金沢市泉野図書館で金沢PHPほんとうの時代友の会は15周年大会を33名の参加者で開催した。

第1部は16期総会を会員16名参加で開催し「15期活動結果」「決算、監査報告」。「16期事業計画」「16期予算案」。「人事改選」の審議を行い承認された。20周年に向けての活動改革を行います。

■写真は16期総会
191121php-3

第2部は33名の参加で、大谷泰志PHP研究所PHP編集部編集長の「令和にも残したい”PHP誌”のいい話」の講演があった。
PHP誌の6つの変種方針で①人生の応援誌②キーワードは「感動」⇒「涙」「愛」「努力」+「愛」③心の「漢方薬」④人間の「可能性発見誌」⑤体験や見聞を重視⑥読者とともにつくる「双方向の雑誌」ということで、いつも読んでいるが納得した。

191121php-2

191121php-4

令和にも残したいいい話では①「必ず誰かが見ている」②「祇園の女将の前向きな心」③「正直者の勇気」ではどれも感動もので特に滋賀県浅井中学校の話はハラハラしながら聞き、人間の迷いの深さを感じ、目を閉じて事実を話せますか?では手をあげれなかった。

191121php-7

■写真は大谷泰志PHP研究所PHP編集部編集長の講演会

191110php

第3部は19名の参加で2班に分かれ会場の周辺のクリーン活動を実施した。

■写真はクリーン活動

191121php-8

第4部は12名の参加で金沢駅3F「駅の蔵」にて「大谷編集長を囲む会」を開催し編集長を交えて親しく懇談しました。

20周年は大々的に開催できるよう、会員満足向上による会員増強と、運営の改革を実行し、会員がワクワクして、来月も参加したい!自信をもって知人友人に勧められる友の会を目指します。

■写真は大谷編集長を囲む会

大谷編集長 長い時間お付き合いありがとうございました。

文責:植茶泰男

LINEで送る