LINEで送る

奈良まほろばPHP友の会では残暑厳しい8月26日(日)午後、橿原市内で8月例会を開催しました。当会は和室のある八木札の辻交流館を通常例会場所にしていますが、夏と冬は空調設備の整った奈良県社会福祉総合センターの会議室を利用する事とし、畝傍山が目前に眺められるクーラーの良く効いた会議室に8名の会員が集いました。

まほろば8月例会002

まほろば8月例会003

信条唱和と瞑想、西日本豪雨禍犠牲者への黙祷、会長挨拶に続く「いい話」おひろめタイムでは、書評あり、天分の輝きの話あり、お盆の墓参や甲子園での高校野球の感動話ありで、多彩な話題に花が咲きました。また、PHP誌9月号読書会では、裏表紙のエッセイ「変わる自分」の他、興味ある記事について感想を述べ合いました。

休憩を挟んで小一時間収集ボランティア活動の一環として、使用済み切手の切り抜き作業を行い、午後4時半過ぎ散会しました。なお、奈良まほろばPHP友の会では、11月3日(土・祝)午後、第2回明日香歴史ウオークとして、甘樫丘、飛鳥寺、県立万葉文化館方面を巡ります。 詳細決定次第ご案内致しますので、多数の皆様のご参加をお待ちしております。 (会長 檜垣 淑)

まほろば8月例会005

 

LINEで送る