LINEで送る

宇治PHP読書友の会・奈良PHP友の会・奈良まほろばPHP友の会はようやく秋らしくなった9月15日(土)午後、JR宇治駅前の「ゆめりあ宇治」の4階会議室に総勢11名が集い、3友の会による合同例会を開催しました。奈良PHP友の会の呼びかけにより、地元の宇治PHP読書友の会のお世話で初めて実現したものです。

合同例会006

関西エリア本部長でもある片岡明夫氏の司会で例会が始まり、信条唱和と立腰瞑想、豪雨と地震災害に伴う多くの犠牲者への黙祷に続き、宇治PHP読書友の会の小林美知子会長から歓迎の挨拶あり、続いて参加者全員が自己紹介を兼ねた近況報告を行いました。

合同例会001鍔本順三氏から宇治観光のポイントについて歴史を交えた解り易い説明を受けた後、会員発表に移りあらかじめ指名された4名が①私が大切にしている言葉、②私の宝物、③私が心の支えにしているものについて各々5分間、夫々の人生経験に基づいた味わい深いスピーチを披露しました。

合同例会003

休憩を挟んで月刊誌PHP9月号の読書会に移り、裏表紙のエッセイ「変わる自分」を輪読し、自分を変える勇気と世代間での受け止め方の違いに話が及びました。参加者は順に興味を持った記事の感想を述べ合って午後4時半お開きとなりました。宇治は世界遺産平等院に代表される観光地であるだけでなく、歴史的にも味わい深い土地なので、今後も機会があれば再び宇治でぜひ野外活動を交えた交流の機会を持ちたいものです。 文責:奈良PHP友の会 後藤 昌弘

LINEで送る