LINEで送る

奈良PHP友の会では、奈良まほろばPHP友の会及び古都PHPすなお女子会と共催で、師走半ばの12月15日(土)奈良の秋篠寺と西大寺を巡る歴史散策並びに年忘れ会2018を行いました。午前9時半近鉄大和西大寺駅前に集合した一行27名は、路線バスで先ず秋篠寺へ向かいました。

秋篠寺集合写真

秋篠寺は奈良時代末期に光仁天皇の勅願により平城宮大極殿西北の高台に薬師如来を本尊として創建された寺院ですが、後の兵火や明治初年の廃仏棄釈の影響により現在本堂(創建当初の講堂を改築したもの)と呼ばれるお堂にご本尊の薬師如来と共に諸仏が祀られています。中でも有名なのが雅やかな伎芸天(重要文化財)で、芸術家達の讃仰を集めています。

西大寺集合写真

一行は再びバスで真言律宗総本山の西大寺に移動し、本尊釈迦如来立像が祀られている本堂で西大寺創建当時の説明を受け本堂内を拝観した後、光明殿で大茶盛のもてなしを受けました。僧侶による大茶盛由来の説明を受けた後、顔がすっぽり入る程の大きな茶碗を両隣の人達に支えられながら抹茶とお菓子を戴きました。

大茶盛013

大茶盛017

居酒屋に場所を移して開催された午後の年忘れ会(懇親会)では、平成最後の年忘れ会に因み、各自が考えた今年の漢字と新しい元号に期待する漢字を披露し、笑いの絶えない和やかな雰囲気の中で宴が進み午後3時半お開きとなりました。 文責:後藤 昌弘

 

 

LINEで送る