LINEで送る

奈良まほろばPHP友の会ではようやく猛暑から解放された8月25日(日)午後、橿原市内で8月例会を開催しました。参加者の一行8名は近鉄橿原線畝傍御陵前駅近くの奈良県社会福祉総合センター6階会議室に集まり、午後1時30分から南田氏の司会で始まりました。私たちの信条・五つのちかいの唱和と瞑想に続き、先ず「会員文集2019」を読んでの感想を述べ合いました。初めに投稿者の4名が順に自分の作品について強調したい点を説明した後、全員が感想を中心に発言しました。当会の場合投稿者が奈良PHP友の会との兼務役員のみだったので、PHP友の会活動の経験の深さがそれぞれの作品によく滲み出ているとの感想が聞かれましたが、経験年数の長短に関係なく来年はぜひ全員が頑張って投稿してほしいと呼びかけました。

DSC04069

続いて「いい話」おひろめタイムに移りました。ちょっといい話を全員に伝える時間ですが、単なる近況報告ではなく、日頃の生活で出会ったこぼれ話や経験談、また最近読んで共感した良い書物の話など、日常の心がけ次第で場をなごませ参加者に考える機会を提供出来るネタは幾らでもあるものだと思います。

DSC04065

休憩を挟んでの「PHP誌8月号読書会」では、特集記事の中で紹介されている「言葉が変われば、行動が変わる 行動が変われば、縁が変わる」や、ヒューマンドキュメントの木村塾紹介記事の「人生の勝利の方程式7カ条」に関心が集まり、自分が発する言葉が自分の潜在意識に働きかける影響の大きさを意識して、言霊を味方につけることの大切さを学びました。読書会後は恒例の社会貢献活動の一環としての使用済み切手の切り抜きボランティアを20分程度行い、午後4時半にお開きとなりました。

DSC04066

奈良まほろばPHP友の会では今秋も明日香歴史ウオークとして、11月4日(月・祝)にキトラ古墳、高松塚古墳方面への歴史散策を計画しております。幹事による下見を経て行程が決まり次第皆様にご案内チラシの形でお知らせ致しますので、多数の皆様のご参加をお待ちしております。 文責:後藤 昌弘

 

 

 

 

LINEで送る