LINEで送る

IMG_千葉PHP読書友の会19回例会サイズ変更済

 

 

2月15日(土)13時30分より千葉市民会館において千葉PHP読書友の会第19回例会が開催され、参加者は13名でした。

例会は遠藤会長の司会で進められ、立腰瞑想、信条とちかいの唱和の後、PHP誌2月号の「あなたへのうた」の紹介、2月の誕生者(1名)へのお祝の贈呈が行われ、
続いて参加者から、PHP誌から学んだこと、その他のことに関する発言がありました。
ある会員からは3月号のヒューマンドキュメントの登場者松倉久幸さんが大学での直系の先輩であったこと、
ある会員からは瞑想と黙祷の違いについて、
ある会員からは最近亡くなった野村克也氏のことば「勝ちに不思議な勝ちあり、負けに不思議な負けなし」の紹介と3月号の荻野アンナ「贅沢な孤独」についての感想、
ある会員からは「体は神様のものだから変えられないが、心は自分のものだから変えられる」という印象深い言葉の紹介、
ある会員からは自分のお孫さんに心の美人になってほしいとの発言、
ある会員からは「素直なこころ」に関連して小学生の頃の思い出話、
ある会員からは3月号の特集インタビュー田原総一郎「空気は読むな、本音でぶつかれ」に関連して、昔の職場での思い出話の紹介、
ある会員からはユニークな宮崎中央新聞社発行・日本講演新聞記事の紹介、
ある会員からは職場でのストレスが重なり体調不良で1週間休んだこと、
また息子さんの海外赴任問題について家族間で葛藤があり悩んだことなどの発言があり、
会員からも様々なアドバイスがありました。
その他にも色々な発言やコメントがありました。
続いて「はやりうたを聞く・喝采」、「松下幸之助に学ぶ・3」(元松下政経塾塾頭上甲晃氏のインタビュー)の録音再生を聞き、
2月号裏表紙「好きになる力」を輪読して終わりました。

なお次回は3月21日(土)13時30分から千葉市民会館で開催され、
年度末の会計報告、会則の確認、次期新役員の選出等も行われる予定です。

(文責・勝亦 毅)

 

LINEで送る