LINEで送る

IMG_20200926_165120

奈良PHP友の会ではようやく秋の気配が漂う9月26日(土)午後、奈良市ならまちセンター会議室で9月度例会を開催しました。 コロナ禍が続く中での開催の為、隣接する会議室を2室使って12名参加での例会となりました。第1部ではパナソニックミュージアムが主催するPHP土曜セミナー「松下幸之助だったらこう考える講座」シリーズの第3講「松下幸之助がもし総理大臣だったら」のオンライン同時開催の聴講を採り入れ、第2部の月刊誌PHP9月号読書会との2部構成の例会となりました。

午後1時15分檜垣氏の司会で例会が始まり、信条唱和と瞑想及び会長挨拶に続き、オンラインセミナー開始までの約20分間「いい話」おひろめタイムで近況を披露し合いました。午後2時から始まったオンライン同時開催のセミナーの講師は(株)PHP研究所 取締役専務執行役員の永久寿夫氏で、同氏は政策シンクタンクPHP総研で長年政治の在り方を研究され、政府への政策提言に関わってこられた方です。参加者一同は会場に持ち込んだパソコンから流れる講師の説明に熱心に耳を傾けました。

IMG_20200926_133544

「松下幸之助がもし総理大臣だったら」は現在の政治情勢に於いても大変興味深いテーマですが、幸之助氏が晩年を過ごされた昭和時代の政治情勢を踏まえて、政治にかかわる総理、政府、国会議員、政党の要件について深い考察を巡らし、国民の責任についても言及されており、より良き政治の在り方について熱い情熱を燃やしておられた姿に一同深い感銘を受けました。

休憩を挟んで 「月刊誌PHP9月号読書会」に移り、裏表紙のエッセイ「美しい言葉」の輪読と意見交換、本文特集記事についての感想等約1時間読書会を楽しみ、午後5時前お開きとなりました。 文責:後藤 昌弘

IMG_20200926_133610

 

 

LINEで送る