LINEで送る

 

resize1095

奈良まほろばPHP友の会では10月11日(日)午後、奈良県橿原市内で第4回明日香歴史ウオークを催行しました。当初心配された台風14号の影響も殆ど受けず曇天ながらウオーキング日和に恵まれ、近鉄橿原神宮前駅に集合した一行34名は、檜垣会長の開会挨拶の後、路線バスで香具山を目指しました。橿原市のコミュニティバスは座席が11席しかない小型バスなので、乗り切れない懸念がありましたが、バス会社の計らいでたまたま同時刻に待機していた乗務員用の教習車に分乗させてもらう幸運に恵まれました。

DSC04372

今年の歴史ウオークのコースは、橿原神宮前を出発し香具山~藤原宮跡~おふさ観音から近鉄大和八木駅に向かう半日コースで、香具山の麓に到着した一行は「くるみ工房飛鳥」に立ち寄り美味しいソフトクリームで喉を潤してから天岩戸神社、天香山神社を訪ねました。何れも神話に基づく鄙びたたたずまいの神社です。

DSC04386

DSC04383

香具山を抜けて稲穂が色づくのどかな田舎道を10分ばかり歩いて奈良文化財研究所藤原宮跡資料室に到着。一行は資料室で予備知識を得た後、広大な藤原宮跡に向かい往時の栄華を偲びました。藤原宮は今から約1300年前、持統・文武・元明の三代の天皇が治めた都、藤原京(西暦694~710)にあった宮です。藤原宮は藤原京のほぼ中心に位置し、その規模は、東西925.4m、南北906.8m、面積は約84haにもおよびます。

DSC04397

藤原宮跡を後にして西へ徒歩約10分で高野山真言宗・別格本山のおふさ観音に到着。このお寺はバラの名所としても有名です。更に一行は旧街道の下ツ道を北へ30分程歩いて、奈良まほろばPHP友の会が普段例会会場として利用している八木札の辻交流館に立ち寄り、最終目的地である橿原市役所分庁舎10階の展望フロア(ミグランス)で眼下に広がる橿原・明日香の眺望を楽しみ、午後5時前散会しました。今年はコロナ禍の影響で外出機会が少なかっただけに、久しぶりに古代のロマンに浸る機会を得て、どの顔も歩き疲れた気だるさの中にも満足げな表情で家路に着きました。文責:後藤 昌弘

 

resize0998

LINEで送る