LINEで送る

参加者メンバー

参加者メンバー

10月17日(土曜日)、仙台では今年一番の冷え込みとなりましたが、みやぎNPOプラザ研修室において、第2回宮城PHP元気プロジェクト会議を開催しました。

会議の第一テーマは、11月29日(日曜日)に開催する、宮城県地区大会です。今年は、“復興の道をひらく”を出版しました、わんからっとエル編集長の小泉知加子さんの月刊PHP誌の東北復興レポートを7年間掲載した苦労話と、小泉さん自身の人生についてお話をしていただくことになっています。また、ミニ・スピーチとして、浦上和子さんの農業の6次産業化と浦上さんの人生について、スピーチをお願いしております。宮城県地区大会に示野西日本担当副会長も参加いただける情報が入り、開催内容の企画に一層の熱が入ったところです。

第二のテーマは、仙台松下幸之助の経営を学ぶ会の発足についてです、令和3年3月の発足を目標としていますが、募集対象者及び実施内容について、検討を重ねております。これまでの読書会とは違った友の会なので、開催内容についていろいろな不安材料がありますが、先行実施の松下幸之助経営を学ぶ会の開催状況をよく確認し、より良い会の発足にしたいと考えております。

周知事項として、10月末申し込み締め切りの、愛の思いやり運動の推薦先、2021文集の原稿提出について意識合わせを実施しました。続きまして、すなお号のかわら版発行と東北エリアだよりの発行の充実と体制強化について、周知を実施しました。

会議が盛り上がり終了時刻の12時に気付かない状態で、施設管理者から終了の連絡を受ける状態でした。会議参加者のひとりひとりが、宮城県地区のPHP活動に対する熱意がそのような結果になったかと思います。次回の会議開催は、12月5日(土曜日)を予定していますが、宮城地区大会の反省会を2部に開催する話もあり、益々、元気なプロジェクト会議になりそうです。                 (文責:宮城県地区長 武田栄治)

会議模様1

会議模様1

会議模様2

会議模様2

LINEで送る