LINEで送る

20210214 PHP佐世保

佐世保PHP友の会では令和3年初めての例会を2月14日バレンタインデイに行いました。会長挨拶、日本ではチョコのプレゼントの日になっていますが、世界的には感謝の日です。「今日ここに集まれたことに感謝したいと思います」の言葉で始まりました。
誓い信条の唱和、瞑想、集まった7人の近況報告で交流しました。
次の4月例会でコロナに関する思いを自由に200字程度まとめて出し合う事を約束しました。
後の食事会を楽しみに、いつもより短く1時間で例会は閉じました。
食事会場へ「お題の回答」を考えながら歩く5分間。
「ご飯屋ぐーぐー」へ、入店したら手の消毒に店長自ら来店各人の検温(おでこで)、席は斜めに配置して1テーブルに二人の心遣い。ここは今回3回目の利用。護衛艦島風カレーが有名。遠方からもお客さんが見えるらしいです。自衛隊から盾を贈られたと披露がありました。今日は和でまとめたお料理を10品程楽しませていただきました。

歩きながら考えたのはPHP誌1月号の「大喜利力をつけよう」を見習って、「月がひと言」という「お題」
回答は

〇ダンゴはもう食いあきた!

〇最近、中国の不動産登記所が増えていて困っている。

〇満月のお月さんとコロナをかけてマスクととく。昨年から雲でマスクをしている。

〇(マスク社会を見下ろして)なんの罰ゲームをしてるの?みんな呼吸の大切なこと忘れてない?

〇コロナとかけて給湯器ととく、使っても使っても種火が残ります

でした。
「みんな違うからみんないい」
楽しい時間でした。
文責 山田

LINEで送る