LINEで送る

 

集合写真

集合写真

11月17日(日)みやぎNPOぷらざの会議室で、宮城県地区大会(宮城PHPの集い)を開催し、26名が参加されました。

地区大会では、株式会社PHP研究所 取締役 専務執行役員の 永久寿夫氏に「挫折で心を強くする~失敗を成功に変える力~」を演題として講演していただきました。

講演は、永久さんが新潟県に生まれて住んでいた頃のお父様との関わりから、東京での大学生活、PHP研究所入社後に、スタンフォード大学やカリフォルニア大学での苦労話など、永久さんの実体験のお話の中から、不幸と思われる経験が幸せを運んでくれる事をお話していただきました。また、松下幸之助著書の「道をひらく」の中から、言葉を紹介していただき、松下幸之助の偉大さを説明していただきました。

永久寿夫氏

永久寿夫氏

 

講演の後に、参加者全員に短い時間ながら自己紹介していただき参加者同士の交流を図ることができました。講演に関するグループディスカッションは20分ほどしかなく、時間が短く話しつきない状態でした。休憩を挟んで交流タイムに入りまして、今年度の宮城県地区での新友の会発足のプロジェクト活動として、大崎市と石巻市の取組活動を報告しました。来年度は、気仙沼市と大河原町において、新友の会発足の活動予定を報告しました。2つ目の活動報告として、岩淵政晴さんのひまわり里親プロジェクトの活動報告を行いました。岩淵さんは実家が農家のため、広い畑に430鉢のひまわりを育ててくれました。残念ながら、岩淵さんは地区大会に参加できなかったことから、武田が岩淵さんの作成したパワーポイントの資料を紹介させていただきました。ひまわり里親活動は、3月に福島で開催された、南東北交流会で紹介されたもので、ひまわりを育てるのは、個人でも取り組むことができるボランティア活動かと思います。皆様も、来年の夏は、ひまわりを植えていただき、心の癒しとなるひまわりの花を観賞していただきたいと思います。

さて、交流会のメインイベントは、児玉さんと吉村さんによる、安来節(百戸流お笑いどじょうすくい踊り)の披露でした。児玉さんが踊りの衣装で出てくると、会場は既に興奮状態となりました。そこで、女性二人も強制的に踊りに参加させられると、会場は笑いの渦で最大の盛り上がりとなりました。児玉さんと吉村さのペアによる、安来節の余興は、地区大会の締めくくりとして笑いを演出してくれました。

児玉&吉村

児玉&吉村

 

児玉さんと飛入り女性二人

児玉さんと飛入り女性二人

宮城県地区の友の会会員の交流の場である地区大会は、盛大に開催することができました。今回参加いただいた皆様に、来年度の再会に向けて、各友の会活動に励んでいただきたいと思います。参加者の皆様、本当にありがとうございました。

(文責:宮城県地区長 武田栄治)

 

 

 

LINEで送る