LINEで送る

4月6日(土)にPHP友の会「読者の集い」in長崎を開催しました。
当日はとてもお天気が良く満開の桜のもと、翌日が統一地方選挙の投票日で選挙カーも最後の言葉に熱が入る中、長崎市民会館 2階小会議室にて行いました。

参加者は南日本副会長の中村さんと九州エリア副本部長の松石さん、私を入れて9名で始まりました。PHP研究所の渡邊本部次長にも参加者自己紹介から入ってもらい、その後「松下幸之助に学んだ心」と言うテーマで講演をして頂きました。講演後の後、質疑応答が有りました。
私が驚いたのは映像に松下幸之助と若い社員の方数名が対座している所を、松下幸之助が社員に指導をしていると思っていたら、実は逆で教えてもらっている所でした。普通はそんな映像を残さない気がしますが、残っているのに驚きました。

休憩後、参加者の交流を行い、最後に長崎PHP友の会の新たな設立の事をテーマに話し合いをしたのですが、前日に一般読者の方が欠席になり、参加者は前長崎PHP友の会会長の藤本さんと会員の田口さん以外、皆さんが他の友の会会員でした。
その中で元佐世保「衆智塾」の安藤さんから「経営者友の会」なら理解できるが、「読書友の会」だけではどんな会の集まりなのか解りにくい、特長が無いと言った意見が出て、目的が「素直な心」になる為だと、世間に有る目的がはっきりした会と比べると、PHPは解りにくいかなと考えさせられました。

その後とりあえず、第2回長崎PHP友の会「読者の集い」の日時を6月22日(土)と決めて閉会しました。懇親会は前会長の藤本さんと南日本副会長の中村さんと私の3人で少し寂しい思いでした。長崎PHP友の会の新たな設立は次回以降に持越しになりました。

(文責:九州エリア本部 江口)

2019-04-06 001

LINEで送る