LINEで送る

3連休の初日である7月13日(土)午後1時より、PHP研究所京都本部7階ホールにおいてPHP関西エリア本部主催の『夏の会員交流会2019』が開催され、昨年の開催日当日は西日本地域を襲った豪雨警報発令で止むなく中止となり、久々の会員交流会ということもあって57名の会員の皆さんが参加されました。

今秋10月19日・20日の両日に開催される『第38回PHP友の会全国大会・東京大会』のPRで、全国PHP友の会・副会長で東日本担当の橋詰一清様にお越し頂きました。関西エリアから東京大会の開催成功に向け、参加者の皆さんから激励のメッセージを書いてもらい、後日の東京決起大会の際にお持ちさせて頂く予定です。

まず初めの1部は、新しく入会された皆様のご紹介とこの2年間に関西エリア内で新しく設立された8つの新会のご紹介をさせて頂きました。

2019-07-13_2

続いて2部は、関西エリア本部よりPHP思いやり募金の寄附先相手様である『関西盲導犬協会』の岡本様にお越し頂き、盲導犬を実際に連れてきて実演頂いたり、盲導犬と共に生活されておられるユーザー様の森永様から貴重なお話を伺うことが出来ました。

2019-07-13_3

続いて3部は、「第一印象と立ち居振る舞いの10歳若く見える姿勢」と題して、大阪松下幸之助経営に学ぶPHP友の会・会員の平川直央子様にご講演頂き、参加された女性2名の方をモデルに、美しくて若く見える姿勢について学びました。続いて4部は、グループディスカッションとして6グループに分かれ、「私の宝物」についてグループ内で話し合いました。一言で宝物といっても物であれ、人であれ、出来事であれ、様々な角度からご自身の宝物についてご披露頂きました。

2019-07-13_4

交流会終了後は場所を移して懇親会を実施し、これまでに無かった「松下幸之助クイズ」などを企画して大いに懇親が深められ、和気藹々とした雰囲気で終えることが出来ました。

今回はPHP友の会の3本柱である、①学び、②交流、③社会貢献のすべてが一体化した夏の会員交流会となりました。最後にご多用の中お越し頂きました、関西盲導犬協会の岡本様、森永様、そして美しく見える姿勢を伝授頂きました平川直央子様には改めてお礼を申し上げます。又、お世話頂きましたスタッフの皆様にも感謝申し上げます。ありがとうございました。

(文責:関西エリア本部 市野俊哉)

LINEで送る