LINEで送る

奈良PHP友の会では五月晴れに恵まれた5月20日(日)、奈良市内で観光クリーン行とオープン例会を開催しました。観光クリーン行が10回目となる今回は、初めて奈良市北部を巡りました。午前9時半過ぎ近鉄奈良駅前を出発した一行は先ず東向北商店街を北に向かい、奈良女子大学を目指しました。ここは明治42年に開校した奈良女子高等師範学校が前身で、現在は国立大学法人 奈良女子大学として次代を担う女性を育成する名門校で、来年創立110周年を迎えます。

クリーン行006

正門を入ると新緑が美しい並木道の正面に洋風建築の奈良女子大学記念館が目に入ります。この建物は旧奈良女子高等師範学校本館として建てられたもので、現在は記念館として国の重要文化財に指定されています。

次に訪ねたのは佐保川に面する入口から北に見える聖武天皇陵と光明皇后陵です。大仏建立の中心的存在であった聖武天皇と仏教思想に基づく福祉の実践者でもあった光明皇后という奈良時代を代表する天皇・皇后陵が奈良市北部にあり、奈良公園の観光コースから外れていることは、案外知られていないようです。

クリーン行008天皇・皇后陵に隣接し戦国の武将・松永久秀が築城したと伝えられる多聞城について詳しく展示されている若草公民館で一休みの後、転害門観光案内所を訪ね、ボランティアガイドから転害門の説明を受けました。転害門は約1200年前に創建された東大寺の北西に位置する大門で、ここでは毎年10月5日に手向山八幡宮の祭である転害会(てがいえ)が催されます。

クリーン行016午後は奈良市ボランティアインフォメーションセンターに移動してオープン例会を行い、『道をひらく』の中から「同じ金でも」と「虫のいいこと」の2つの短文を輪読し、宝くじは是か非かで話が盛り上がり、午後3時半過ぎ散会しました。   文責:後藤 昌弘

オープン例会020

 

 

 

 

 

LINEで送る