LINEで送る

IMG_0164

人は城、人は石垣、人は堀

情けは味方、仇は敵なり

(『甲陽軍鑑』)

 

戦国武将・武田信玄公のたいへん有名な言葉です。あえて解説の必要はないでしょう。人をこそ大事にすべきというリーダーの心構えを示す名言として、しばしば引用されています。

さて、人の大切さは誰しも頭ではわかっているように思います。少なくとも相応の立場にあるリーダーは、何度かこの言葉を目にし耳にもしているはずです。部下や社員に対する自分自身の話の中でも使っているかもしれません。そもそも人がいかに大事かは、武田信玄公の言葉に限らず多くの有名人が述べています。松下幸之助も、“事業は人なり”を自らの信念としていました。とりわけ次のエピソードはよく知られているのではないでしょうか。

まだパナソニック(元松下電器)が小さいころ、ほとんど名前が知られていませんでした。当然、従業員が大阪の街に営業に出かけても、どんな会社なのかと質問されることがしばしばだったようです。その状況に対し松下幸之助は次のように従業員に言っていました。

「お得意先に行って、『君のところは何をつくっているのか』と尋ねられたら、『松下電器は人をつくっています。電気製品もつくっていますが、その前にまず人をつくっているのです』と答えなさい」

良い製品をつくることが会社の使命であり、それを売ることが営業の役割ですが、その前に松下電器の考え方や取り組み姿勢を理解、信用してもらうことが大事であり、その中心にあるのが人を育てることだというわけです。松下幸之助は、人が育ち、活躍できる会社でなければ成長は望めない。まして信用は得られないと考えていたに違いありません。生涯にわたって松下幸之助は人を尊重し、人を軸にした経営を行い、ついには『人間を考える』という著書まで出しています。

しかし、それほどに昔から人材の大事さが訴えられ続けているにもかかわらず、ときに人をないがしろにしているように思える企業や団体、組織を見受けることが少なくありません。

大きくは早期退職の推進による人員の削減。これなどはバブル崩壊後に当たり前のように行われるようになりました。それによって一時的に経営が良くなった企業もあったようですが、社員と会社との間の信頼関係が著しく損なわれ、修復できなくなっています。言い換えれば、社員は良い待遇で雇用してくれるところがあればすぐにも転職するようになってしまい、力を合わせて苦難を乗り越えようと意気に感じ頑張る人はきわめて少なくなったとも考えられるわけです。結果的に優れた社員の多くがいなくなるということになります。そして早期退職した社員たちが競合企業に雇用され、個人が身につけていた技術なりノウハウが競合会社の商品に生かされて、自社の業績を圧迫するようにさえなっているという話をよく見聞きします。特許で守られているものだけが技術、ノウハウではありません。経験として人が身につけているもののほうがより重要な場合が少なくないことは、現場に近い人ほど知っています。こうしたことは創造力、先見性、ムードメーカーなどの能力や人脈も同様です。いずれも人自体についてまわるもので、企業にマニュアル等として残せるものではありません。

また身近なことで言えば、経営幹部やリーダークラスの言動が、人の気持ちにどれだけよりそったものになっているかも大きなポイントです。人を大切にする際に、給与や福利厚生が大事なのは言うまでもありません。しかしそれよりも、毎日の生活の中でのコミュニケーションがより大きな影響力を持っています。例えば、経営幹部とエレベータで乗り合わせた一般社員は、少々きまずく感じるものです。何を話していいやらわからず黙ってしまいがちでしょう。経営幹部側は、経営状況のことなどいろいろと考えねばならないため、不機嫌な表情で黙りこくっている。これでは決して一般社員のモチベーションはあがらないでしょうし、楽しくもありません。一般社員が挨拶しているのに無視しているともなれば、経営幹部、リーダーはあえて一般社員のやる気をそぎ、気分を害することに力を注いでいることにもなります。とても人を大事にし、人を育てることにはつながりません。

社員研修を充実させることが人材育成に力を注ぐことになると勘違いをしている経営幹部やリーダーがいます。社員研修は人材が育つためのほんのきっかけでしかなく、せいぜい一割程度の効果しかありません。残りの九割は日々の仕事を通じて、経営幹部、リーダーらの言動で育まれていきます。

お互いに、人を大事にしているでしょうか。人を育てることに心を砕いているでしょうか。常に自らの言動を顧みて、素直に深く反省すべきだと思います。“事業は人なり”であり、さらにいえば“社会の繁栄、平和、幸福は人にあり”です。

 

全国PHP友の会顧問 大江 弘

 

LINEで送る